大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ハンゲショウ見頃迎える 大分市横尾、30日に祭り 

 大分市横尾の休耕田を整備した「うーたの里」で、群生するハンゲショウが見頃を迎えた。里を管理する地元住民らのグループ「うーたの会」(神宮司昭夫代表、32人)は30日午前10時から午後2時まで、「ハンゲショウまつり」を開いて観賞する。小雨決行。
 ドクダミ科の多年草。夏至から11日目の「半夏生(はんげしょう)」のころに開花し、先端の葉がおしろいを塗ったように白く染まることから名付けられたとされる。
 里に点在していたのを会員が繁殖させ、現在は約1500平方メートルにわたって自生している。「里山を散策し、ひとときの涼を味わいませんか」と会員。
 入場無料。民謡やオカリナのステージ、カフェもある。来場者に飲み物、菓子、絵はがきを贈る。問い合わせは神宮司代表(☎080-5277-3408)。
※この記事は、6月26日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る