大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分県が今季初の食中毒注意報

 県は5日、高温多湿の気象状況になったとして、今季初の食中毒注意報を発表した。予防のため、手洗いや食品の冷蔵・冷凍保存、加熱処理などを徹底し、食中毒菌を「付けない、増やさない、殺菌する」よう呼び掛けている。
 県食品・生活衛生課によると、5日の最高気温は28度、平均湿度85%と予想されている。前日か当日の最高気温が28度以上で平均湿度が80%以上―の基準を上回った。昨季の第1号は6月22日。今季は例年より早いという。
 同課は「この時季は鶏肉、牛肉などに付着するカンピロバクターや大腸菌による食中毒が発生しやすい。肉やハンバーグなどはしっかり加熱し、感染を防いでほしい」と話している。
 県内では昨年、21件(患者数316人)の食中毒が発生している。
※この記事は、6月5日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る