大分合同新聞納涼花火シリーズ

武蔵会場 8月17日(土) 20:40スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

歌声に感謝を込めて 津久見樫の実少年少女合唱団40年

 津久見樫の実少年少女合唱団の第40回定期演奏会(大分合同新聞社後援)が29日、津久見市民会館である。結成から40年を数える節目のステージ。合唱やミュージカルなどを披露する。本番に向け、団員らは熱のこもった練習に励んでいる。
 1979年7月、青少年育成や文化発信を目的に発足した。少子化の波にさらされながらも、高校生の団員が小学生や幼児を指導するスタイルを確立。現在、市内外の3歳から高校3年まで98人が所属し、全国的な児童合唱団として活躍している。
 29日は昼、夜の2回公演。演目は3部で構成し、1部はベートーベンやシュトラウスの名曲を歌い上げる。2部は「おとぎの世界」をイメージし、ディズニーの曲を楽しく披露。3部はプロの声楽家を迎え、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で魅了する。
 団長の薬師寺千帆さん(17)=佐伯豊南高3年=は「40周年を迎えられるのも、地元の人や保護者らの支援のおかげ。楽しく元気よく歌うことで、感謝の気持ちを届けたい」と力を込める。
 記念曲目として元団員約40人による合唱も予定している。津久見市津久見の主婦東千鶴さん(46)は「樫の実で教わったのは相手を思いやる気持ち。令和の時代には孫を加入させたい」と張り切る。
 演奏会は夜公演の前売り券が残っている。昼、夜とも若干の当日券を用意する。問い合わせは市生涯学習課(☎0972-82-9528)。
※この記事は、4月24日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る