Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

こうしたい杵築市政 市議選立候補者アンケート (届け出順)

 21日に投開票される杵築市議選(定数18)には、現職15人、新人6人の計21人が名乗りを上げた。各候補が考える、市の課題や具体的な取り組みを聞いた。

①当選後力を入れて取り組みたい課題
②課題に対する具体的な取り組み

加来喬 46共現(3)    
①国保税の引き下げ。高齢者から子育て世帯の支援。人口減少に歯止めをかける 
②1次産業や地元業者の所得を増やし、子育てできる環境を整える。社会保障や福祉の充実で暮らしを温める

衛藤竜一郎 45無新    
①「買い物に行けない」「バスが来ない」などで困っている人たちが、市内で事足りるような町づくりを進める 
②衣食住に関係する店舗の誘致

堀典義 67無現(1)    
①少子高齢化。大分空港道路無料化に伴う国道213号の衰退。歴史、文化の継承や観光客の滞在時間増加 
②子育て支援の強化。JR杵築駅周辺の整備。守江湾岸産業の育成。宿泊施設の誘致。市きつき城下町資料館の拡充と役割強化

富来征一 76無現(3)    
①1次産業の振興。集落営農の経営改革。若者の所得向上を目指す 
②園芸作物を導入。1年間の収入を安定させ農家の所得向上を図る。水産業では干潟を利用したカキ以外の貝類養殖も取り入れる

木村善久 41無新    
①子育て支援の拡大。教育体制を整え多様性を育む必要がある。福祉の環境整備、市の活性化 
②保護者の声を市政に届け、出産育児に優しい地域をつくる。福祉面では健康寿命の延伸。杵築の魅力を世界にPRする

坂本哲知 56無新    
①子育て支援の充実と企業誘致 
②若者の定住を促すための新しい施策を創設。若者が働く場を確保するために企業に働き掛け、雇用を拡大する

渡辺雄爾 64無現(3)    
①周辺部の過疎化と少子高齢化対策や住環境の整備 
②企業誘致を進め働き場所を確保。空き家を利用して移住者を受け入れる。道路網の整備や維持管理も進める

有田昭二 79無現(3)    
①八坂川改修工事の延伸。コンパクトシティーの取り入れ 
②改修工事を国土交通省に要望。市民会館の建設に向け本格的に取り組む

真鍋公博 60無新    
①農林水産業の後継者育成。雇用環境の整備と雇用の拡大。教育環境と遊び場の整備。市民との相談体制の充実 
②訪問アンケート調査の実施。県などと連携した企業誘致。高齢者層の雇用拡大。生活弱者へのきめ細やかな支援

藤本治郎 55無現(2)    
①子育て支援、若い世代の移住定住促進。市民が求める施設の建設計画。地域経済振興。防災対策。議会改革 
②給食費の無料化など子ども手当の増加。市民会館の建設。城下町観光の整備促進。堤防の強化。通年議会の実現

泥谷修 65無現(1)    
①市全体に活気と自信を取り戻す。若者が定住できるよう、企業誘致や地域振興による店舗などの設置 
②人や車の流れを市内に呼び込む。特色ある魅力的な町づくり。国道213号沿線のにぎわい創出

工藤壮一郎 54無新    
①農林水産業の振興ともうかる仕組みの構築。JR杵築駅を中心に道路交通網整備。若者が住みたくなる地域づくり 
②新たな特産品を開発し、販売ルートを確保。駅周辺道路の整備で大分空港道路や日出町からの流入人口を増やす

田中正治 68無現(1)    
①安全で安心して暮らせる災害に強い町づくり。充実した福祉社会の実現。1次産業の振興と活性化。人口減少対策 
②健康寿命の延伸や認知症対策。南海トラフ地震に備えた防災マップの作成。1次産業後継者らの話し合い、指導の場を設ける

真砂矩男 76無現(3)    
①子どもたちに行き届いた教育の保障。商工業、観光振興に力を入れ、住んでよし、訪れてよしの町づくり 
②教育環境整備を求め、商工業は国、県、市の各種施設の助成を生かし、経営改善や消費拡大、創業支援に力を入れる

小野義美 71無現(2)    
①少子高齢化が進む中、市活性化のため農業振興、高齢者福祉、雇用促進に重点を置き、若者の定住促進に取り組む 
②農業後継者や新規就農の育成。農産物販売の促進。高齢者医療の拡充、見守り活動の徹底。若者が住む住宅整備に取り組む

岩尾育郎 59無現(3)    
①予算執行での費用対効果の徹底検証。市の周辺部対策の拡充 
②山香では旧農協中支所を活用した中核施設の整備。大田では、世界農業遺産記念公園(仮称)の整備を提言する

阿部素也 49無現(1)    
①周辺部で過疎化や高齢化により地域社会が維持できなくなっている。市内産業の後継者不足 
②住民自治協議会や区の活動を通して、心の通い合える地域をつくる。市の予算を直接市内に落とし、地域循環経済をつくる

二宮健太郎 41無現(2)    
①定着人口の確保と活性化。1次産業の後継者対策や経営安定化。農産物や水産物、加工品の生産向上。道の駅建設 
②定住促進団地や工業団地を整備し、企業誘致を進める。地場企業の公共工事への参入を促し、雇用を安定化させ若者を確保

小春稔 72無現(3)    
①1次産業の振興。加工農林水産物の開発と商品化。子育てしやすい若者定住対策。杵築ICの活用。医療介護の連携強化 
②議員が提案できる機会を増やす。農業振興計画の策定。民間活力を利用した商品開発の技術支援。インバウンド戦略

田原祐二 59公現(1)    
①若者が定住できる町づくり。高齢者が安心して住める町づくり。子育て支援の充実した町づくり 
②企業誘致などで職の安定を図る。高齢者を見守る環境づくりの推進。ひとり親家庭への支援充実

多田忍 43無新    
①人口減少による過疎化と若者の地元離れ 
②既存の強みを生かし、若者や幅広い世代の意見を取り入れて子どもたちが住みたいと思う地域をつくる

 (注)年齢は21日現在。党派は公=公明、共=共産、無=無所属。現=現職、新=新人の略。かっこ内は当選回数。
※この記事は、4月17日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る