Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

県選抜、粘り及ばず3位 全日本女子フットサル

 フットサルの第11回全国女子選抜大会(大分合同新聞社後援)最終日は17日、別府市のビーコンプラザで決勝ラウンドの準決勝と決勝があり、兵庫県選抜が優勝した。大分県選抜は準決勝で日本女子選抜と対戦。よく粘ったが、0―1で惜敗し、3位タイだった。
 個人賞のMVPに大分県選抜の梅村南主将(カティオーラALTY)が選ばれた。
 ▽準決勝 日本女子選抜1―0大分県選抜、兵庫県選抜7―2埼玉県選抜
 ▽決勝 兵庫県選抜4―0日本女子選抜  
▽得点者【兵】江口、加藤、若林、藤江
 【個人賞】▽MVP 梅村南(大分県選抜)▽敢闘賞 筏井りさ(埼玉県選抜)加藤正美(兵庫県選抜)

果敢な攻めゴール遠く
 地元開催に燃えた大分県選抜だったが、準決勝で日本女子選抜に0―1で惜しくも敗れ、3位タイで全日程を終えた。
 大分はチーム一丸で強敵に挑んだ。前半は個々の力が高く、スピードもある相手に押された。大分も少ない好機を生かそうとしたが、ゴールはならず、11分に失点。0―1で折り返した。
 後半は相手の戦術変更にうまく対応し、体を張った守りでピンチをしのいだ。攻撃でも初先発した加藤明星(ノダフットサルクU―18)を中心に、積極的に攻めた。だが最後までゴールネットを揺らすことができず、快進撃は止まった。
 野村哲也監督(岩田高教)は「地元開催で4試合もでき、最後まで諦めずに戦ってくれた」とたたえた。今大会で2得点した斉藤結(カティオーラALTY)は「大きな声援をもらって心強かった。来年は地域予選を勝ち上がって、決勝に進みたい」と涙を浮かべながら、飛躍を誓った。

GK梅村が大会MVP
 ○…大会MVPに大分県選抜のGK梅村南が選ばれた。梅村は4試合全てに先発出場し、172センチの長身を生かしたセービングで大分のピンチを救った。
 優勝チーム以外の選手が個人最高賞に選ばれたのは初めてで、梅村は「夢にも思わなかった」と驚きながらも、「フットサルの日本代表になり、世界で通用する選手になりたい。技術を高めていきたい」と誓った。
※この記事は、3月18日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る