大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「食材豊富な国東をPR」 東京のフレンチシェフ・下村さん

 国東市観光協会(会長・三河明史市長)は22日、東京都港区のフランス料理店「エディション・コウジ シモムラ」のシェフ下村浩司さん(51)を市観光親善大使に任命した。大使の任命は4人目。料理業界では初。「国東は食材が豊富で熱心な生産者が多い。国東の魅力をPRしていきたい」と話している。

 下村さんは3年前、九州の知人の紹介で市のブランドカキ「くにさきオイスター」を知り、歯ごたえや安全性にほれ込んだ。自身が経営するレストランで「くにさきオイスター」やシイタケなどの市特産品を使った料理を提供している。昨年4月には都市圏のメディア関係者を招いたPRイベント「国東ナイト」を自店で開催。市産の食材を使った特別料理を作った。
 市内国東町小原の洋食レストラン「ビストロエスポワール」で任命式があり、同協会の小玉智英副会長が下村さんに委嘱状を手渡した。料理講習会もあり、市内のホテル、飲食店の料理人約15人が参加。下村さんは「地元食材のおいしい食べ方をどう提案するかが大切」「見せ方で料理は生まれ変わる」と伝えた。
 講習後、参加者は下村さんがアレンジした郷土料理を試食。国東半島の伝統行事「修正鬼会」で振る舞うこしょう餅やくにさきオイスターを使った創作料理を味わった。
※この記事は、1月23日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る