Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

たいまつ担ぎ勇壮に 鷹栖観音鬼会

 宇佐市の新年の伝統行事「鷹栖観音鬼会(おにえ)」が4日夜、同市の上拝田、山本両地区であった。大勢の見物客が見守る中、締め込み姿の男衆らが川渡りや勇壮なたいまつ合戦を繰り広げ、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。
 地区内外から女性4人を含む16歳から66歳までの49人が参加。午後8時すぎ、長さ約3メートルのたいまつを担いで、鷹栖山観音寺(上拝田)を出発。威勢のいい声を上げながら駅館川(幅約45メートル、水深約1メートル)を渡り、対岸の鷹栖観音堂(山本)を参拝した。
 その後、高さ約10メートルのどんどに点火。赤鬼と青鬼に分かれて走りながら棒でたいまつをたたき、観衆は激しく散る火の粉を浴びて、1年の健康を祈願した。
 初めて参加した中津市相原、会社員西村葉月さん(31)は「活気があり楽しかった。厄払いができ、いい年を過ごせそう」と話した。
※この記事は、1月5日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る