大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

10年前の今ごろって?

10年前、2008年のこの時季にはどんなことがあったか覚えていますか? 当時の紙面を振り返ってみました。(2008年12月9~11日の大分合同新聞から抜粋)

【県内】
・「めじろん」飛ぶ売れ行き 10億円、稼ぎ出す
 県は大分国体・全国障害者スポーツ大会の経済効果をまとめ、9日の県議会本会議で公表しました。選手宿泊費や弁当費、交通費で約19億5千万円の効果。公式のめじろんグッズと民間企業のめじろん商品は予想以上にヒットし、10億円近い売上額に達しました。

・県立図書館 貸し出し1300万冊突破
 1995年2月に大分市駄原に移転して以降の県立図書館の個人貸出数が9日、1300万冊に達しました。

・愛らしい姿再び 初代の像除幕 筋湯温泉の〝看板犬〟
 九重町筋湯温泉の筋湯観光ホテル「九重悠々亭」の看板犬として親しまれ、1月に亡くなった初代「エンジェル」の像が10日完成し、現地で除幕式がありました。

・日高「しっかり鍛える」 ヤクルト入団発表 力強く活躍誓う
 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの新入団選手発表会が10日、東京のヤクルト本社であり、ドラフト4位で指名された文理大付高の日高亮投手(18)が活躍を力強く誓いました。

【県外】
・晴れやか4氏 ノーベル賞授与
 2008年のノーベル賞授賞式が10日午後(日本時間11日未明)ストックホルムのコンサートホールで開かれました。物理学賞の小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)、益川敏英・京都大名誉教授(68)、化学賞の下村脩・米ボストン大名誉教授(80)にそれぞれ、カール十六世グスタフ国王がメダルと賞状を授与しました。物理学賞の南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)は授賞式欠席のため、同日、シカゴ大でスウェーデン大使から授与されました。

・たばこ増税見送り/ 与党税調が反対
 与党は11日、2009年度税制改正で、社会保障費の抑制幅を2200億円より小さくするための財源として検討していた「たばこ増税」を見送る方針を固めました。

・1万6000人削減へ ソニー、国内外で
 ソニーは9日、2009年度末までに、薄型テレビなどエレクトロニクス事業の正規社員約16万人の5%に当たる約8千人を削減するほか、全世界の非正規社員も8千人規模で削減すると発表しました。削減規模は合計で1万6千人となりました。

・天皇陛下、胃腸に炎症 医務主管「心身ストレス原因」
 宮内庁は9日、不整脈などのため一部の公務を取りやめていた天皇陛下(74)の胃から十二指腸にかけて、内視鏡検査で精神的、身体的なストレスが原因とみられるびらん(ただれ)と出血のあとが確認されたと発表しました。
 
「十年一昔」と言いますが、時のたつのは早いですね。この他にもいろんなニュースがありました。きょう2018年12月10日のニュースは、10年後の2028年にはどのように映るのでしょうか。
(年齢、肩書などは当時のものです)
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る