Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

由布高、夢の舞台へ 全国高校総合文化祭で文化庁長官賞

 由布市庄内町の由布高校郷土芸能部が、全国高校総合文化祭(7~11日・長野県)の郷土芸能部門で2位に当たる文化庁長官賞に輝いた。上位校に与えられる「優秀校東京公演」(25、26の両日・東京都の国立劇場)の出演資格を獲得し、部員らは夢の舞台に立てる喜びに沸いている。

 総合文化祭は文化部のインターハイとされる一大イベント。郷土芸能部は海彦と山彦の神話が題材の「貴見(きけん)城」を上演。太鼓や笛のはやしに合わせ、剣を持った生徒が力強く舞った。
 同部は昨年も文化祭に出場したが、上位入りはかなわなかった。部長の荻本司さん(18)=3年=は「反省を踏まえ、舞手の動きを合わせることを一番の目標として練習した」。はやしを担当する阿部夢架さん(17)=同=は「演奏で舞手を盛り上げようと頑張った結果が出た」と喜ぶ。目標に掲げてきた国立劇場の舞台。荻本さんは「支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込め、楽しく舞いたい」と意気込んでいる。
 部員と顧問の高木晴久教諭(51)らが17日、市役所を訪れて相馬尊重市長に報告。相馬市長は「おめでとう。国立劇場でも全力で頑張ってほしい」と激励した。
 同部は2008年に最高賞の文部科学大臣賞を受賞し、国立劇場に立ったことがある。
※この記事は、8月22日大分合同新聞朝刊9ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る