Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

全部員6人で九州2位に輝く 別府溝部短大の女子水泳部

 別府市の別府溝部学園短期大女子水泳部が「第78回九州学生選手権水泳競技大会」で団体総合2位に輝いた。創部以来初の快挙。少人数ながら4年制の強豪大学を相手に力を発揮し、9月に横浜市である日本学生選手権に向けて練習に励んでいる。

 九州学生選手権(6月30日~7月1日・長崎市)には22大学が出場し、短大は2校。個人種目とリレーの計16種目に、全部員6人が出場した。個人種目の200メートルバタフライで主将の野口紗也加さん(2年)が1位、同平泳ぎで石沢芹那さん(1年)が3位に入ったのをはじめ、全種目で決勝に残った。団体総合で1回も勝利したことがなかった福岡大を破り、鹿屋体育大に続く2位を勝ち取った。
 水泳部は1993年に創部。以前は日本学生選手権にほぼ毎年出場していたが、近年は部員数の減少もあって遠ざかっていた。
 今年のチームは週2回の早朝練習と授業後2時間の練習を学内のプールで積み重ねてきた。陶山(すやま)俊介監督(32)は「雰囲気がよく明るい。個人種目だが、練習でチーム力を高めてきた。授業も大変な中でよく頑張っている」と話す。
 日本学生選手権に向けて、それぞれの部員が瞬発力の強化に取り組む。野口主将は「チームは勢いがあって、いい練習ができている。選手権では雰囲気にのまれず力を出し切りたい」と話している。
※この記事は、8月10日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る