大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

情報公開ランキング 姫島村3年連続最下位

 おおいた市民オンブズマンは10日、県内自治体の2017年度情報公開度ランキングを発表した。トップは全般的に公開度の高かった由布市で、最下位は3年連続で姫島村だった。
 県と18市町村にアンケートと情報公開請求を実施し、公開の手法や範囲など16項目を100点満点で独自に点数化して集計した。調査は16回目。
 姫島村は県内で唯一、情報公開に当たる公文書を「決裁または供覧が終了したもの」に絞り、請求できる人を「住民等」に限定。「情報隠しは不正隠しにつながる」と指摘した。
 由布、中津、竹田、玖珠の3市1町は、工事などで指名競争入札にした理由の公開を始めた。別府市は10枚程度であれば、ファクスやメールで開示文書を無料で送信しており「県内の他の自治体ではない事例」と評価した。
 永井敬三理事長は「公開の水準を上げるため、請求を続けることが重要だ」と話した。
※この記事は、6月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る