大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別府「猪の瀬戸湿原保全の会」22日に自然観察会

 別府市のNPO法人「猪の瀬戸湿原保全の会」(渡辺新十郎理事長)は22日、同市東山の猪の瀬戸湿原で自然観察会を開く。「貴重な植物が生育する湿原で自然に親しみませんか」と参加を呼び掛けている。

 散策道を歩きながら、見頃となっているサクラソウの群生などを会員のガイドで観察する。予約は不要で、当日の午前9時半までに猪の瀬戸バス停近くの駐車場(青い旗が目印)に集合。長袖、長ズボン、運動靴、帽子を着用し、タオル、水筒、記録用具などを持参する。参加は無料だが、小学生以上は保険料として200円が必要。
 猪の瀬戸湿原は阿蘇くじゅう国立公園の一部で、九州を代表する山地湿原とされる。野焼きが途絶えた影響で乾燥化や森林化が進行していたが、保全の会が中心となり、2012年3月に約40年ぶりに野焼きを復活。徐々に湿原が再生している。
 観察会は11月まで毎月第4日曜日に開催(雨天中止)。ヒトリシズカやオオキツネノカミソリ、アケボノソウなど季節の野草を観察する。
 問い合わせは観察会担当の首藤房子さん(TEL090・2851・7911)。
※この記事は、4月20日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る