大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

耶馬渓山崩れ、遺体86歳女性か 県、被災世帯支援へ

 住民の男女2人が死亡し、4人が安否不明となっている中津市耶馬渓町金吉(かなよし)の山崩れで大分県は16日、3人目の遺体は女性で死因は圧死と発表した。県警は身体的な特徴から無職橋本アヤ子さん(86)の可能性が高いとみて身元確認を進める。同日は約380人態勢で捜索。新たな不明者は見つからなかった。広瀬勝貞知事は被災世帯の生活再建について県独自で支援する考えを示した。 
 県によると、遺体は16日午後に収容。県警が検視し、性別などが判明した。17日にDNA型鑑定で身元を確認する。
 16日は現場東側を重点に捜索した。民家3棟は屋根まで土砂が堆積し、重機による作業が中心となった。
 被災者生活再建支援法は1市町村で10世帯以上の住宅が全壊した場合などに最大約300万円の支援金を認めているが、広瀬知事は県庁での会見で「今回は適用されない」と指摘。「同じような支援を(県独自で)しっかりやる」と強調した。
 山崩れは11日午前3時40分ごろ発生。4世帯6人と連絡が取れなくなり、3人が遺体で見つかった。2人は住民の無職岩下愛子さん(76)と会社員岩下義則さん(45)親子と判明している。 

 【亡くなった方】
 ▽岩下義則さん(45)
 ▽岩下愛子さん(76)
 【安否不明の方】
 ▽橋本アヤ子さん(86)
 ▽江渕めぐみさん(52)
 ▽江渕優さん(21)
 ▽岩下アヤノさん(90)
 (大分県発表)
※この記事は、4月17日大分合同新聞朝刊1ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る