大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

笑いと涙の時代劇 8日、あまがせ温泉まつり

 あまがせ温泉まつりが8日午前11時から、日田市の天瀬公民館前イベント広場などである。天ケ瀬温泉旅館組合などでつくる実行委員会が主催。塚田ひょっとこ踊り愛好会、商工会女性部どんたく隊、前津江浦和太鼓が出演。足湯もある。まんぷく屋台では焼きそばなどを販売する。正午~午後4時は同組合に加盟する11の旅館・ホテルの温泉に100円で入浴できる。
 前夜祭は7日午後7時半から、温泉街河川敷特設ステージで。同組合が初めて開催。「日田もりあ下駄(げた)い」のパフォーマンス、舞踊ショーなどのステージイベントがある。地鶏などの屋台も並ぶ。
 問い合わせは市観光協会天瀬支部(TEL0973・57・2166)へ。

 日田市天瀬町の素人芝居「天ケ瀬座」(田代信二座長、25人)の公演が8日、天瀬公民館である。あまがせ温泉まつりの恒例イベントで、笑いあり、涙ありの芝居が町内外のファンの人気を集めている。

 旧町時代、観光振興を目的に地元商工会青年部などが始めた。今年で52回目。2009年、担い手不足解消のために役者を住民有志にも広げ、旅館経営者や商店主らが参加している。
 今年の演目は時代剣劇「やくざの花道」と時代人情喜劇「平公の恋」の2本立て。15~55歳の男女15人が登場する。稽古は3月に始まり、平日に毎日約3時間、せりふや立ち回りの動作を確認してきた。
 平公の恋は古賀信寿さん(41)=旅館経営=と長女菫(すみれ)さん(15)=日田高1年=が共演。親子役を複数回演じてきたが、恋人役は初めて。菫さんは受験生だったため、合格後に練習を始めた。今回が5回目で、信寿さんは21回目。
 菫さんは「芝居が楽しくてもう一回出たいと思った。恋人役は少し恥ずかしく大阪弁の抑揚も難しいけど、感情を込めて観客を喜ばせたい」と気合十分。信寿さんも「娘は初舞台のころに比べ、成長を感じる。自分も観客をストーリーに引き込めるような芝居をする」と気持ちを高めている。
 田代座長(55)は「芝居の火を消さずに10年続けられたのはメンバーの努力や観客の応援のおかげ。皆さんに元気になってもらいたい」と話している。

<メモ>
 公演は午後1時、同6時からの2回で、入場無料。合間には歌謡舞踊ショーや餅まきなどがある。
※この記事は、4月7日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る