大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

府内城、幻想的な姿再び 来年2月まで継続

 大分市の大分城址公園で27日、江戸時代に焼失した府内城天守閣をイメージしたイルミネーションが再び始まった。来年2月14日までの毎日、日没から午後10時まで点灯する。
 天守閣を模したパイプ組みの構造物に発光ダイオード(LED)照明をともし、城を“再現”。今冬(昨年12月下旬~今年2月中旬)のイベント以来となる幻想的な姿が、夜の公園に浮かび上がった。
 近くで花見をしていた主婦の伊藤瀬理香さん(25)=市内中判田=は「桜と一緒にきれいな城を見ることができてうれしい」。
 市はイベントでの来場者アンケートなどを基に「市民が郷土の歴史・文化に理解を深め、府内城の魅力を県内外に発信する相応の効果があった」と判断。事業の継続を決めた。
 秋の国民文化祭など各種イベントと相乗効果を生み出し、中心市街地のにぎわい創出にもつなげたいという。

※この記事は、3月28日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る