エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

田口淳之介、小嶺麗奈被告ともに懲役6月 執行猶予付き判決

 自宅兼事務所のマンションで大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われたアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー田口淳之介被告(33)と元女優・小嶺麗奈被告(39)の第2回公判が21日、東京地裁で開かれた。

【写真】地面に額をこすりつけ…土下座した田口淳之介被告

 7月30日に判決期日が予定されていたが、検察側の請求により延期されていた。この日は検察側が追加主張した後、論告、判決が行われた。長池健司裁判官は、田口、小嶺両被告にそれぞれ懲役6月(執行猶予2年)、大麻2点を没収する判決を言い渡した。田口被告の弁護人は控訴しない方針という。

  田口被告は初公判と同様、黒のスーツに白シャツ、黒ネクタイの装いで入廷し、傍聴席を一瞥し、落ち着いた様子で着座。小嶺被告は髪を後ろで結び、ストライプ柄の白シャツに緑のボトムスを身にまとい、田口被告と並んで座った。

 この日は最初に検察側が押収した大麻の証拠能力について追加主張。その後、再度論告が行われ、休廷を挟んだ後、判決が言い渡された。

 判決理由について、長池裁判官は「前科の無い2人が使用する目的で少量の大麻を所持した」と指摘。一方で、「事実を認めて反省し、入手ルートを供述した」などと量刑理由を述べた。執行猶予を説明している最中、両被告は手を前に組み、小さく頷きながら長池裁判官の言葉に耳を傾けていた。説明が終わると両被告は裁判官に向かって一礼、さらに田口被告は後ろを振り返って傍聴席に深々を一礼し、退廷した。

 今回の裁判では25席の一般傍聴席に対し、489人が傍聴券を求めて列を作った。倍率は約20倍だった。

 田口被告と小嶺被告は5月22日、同居していた東京都世田谷区のマンションの自宅で大麻を所持したとして、関東信越厚生局麻薬取締部に大麻取締法違反容疑で逮捕された。6月7日に保釈金300万円を納付し、警視庁東京湾岸署から保釈されていた。7月11日の初公判で起訴内容を認め、検察側が2人に懲役6月を求刑、弁護側が執行猶予付き判決を求め即日結審していたが、検察側が期日の変更を請求したため7月30日の判決は延期していた。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る