エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

“コメディエンヌ”橋本環奈、普通JK役で新境地へ「自分のキャラと全然違う」

 映画『銀魂』シリーズ、『斉木楠雄のΨ難』(17年)、日本テレビ系ドラマ『今日から俺は!!』(18年)などに出演し“コメディエンヌ”としての顔を見せ、見る人を驚かせてきた橋本環奈。そんな彼女がGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太とW主演を務める『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)では、これらで演じたキャラとは一転、夢見がちな“普通JK”の花澤日奈々を演じる。橋本自身も「自分のキャラクターと日奈々は全然違うかな」と原作を読んだときの印象を語っており、ロマンチックなヒロインを演じた新境地に迫る。

【別カット】おとぎ話のような恋に憧れるJK役の橋本環奈

 福田雄一監督が手がけた『銀魂』では、メインヒロインの神楽を演じた橋本。神楽といえば、何かと汚れ役が回ってくることもあり、ヒロインながらも吐いてしまったことから“ゲロイン”と呼ばれることも。その神楽の「鼻ほじ」や「ゲロ吐き」も演じきった橋本。

 さらに『斉木楠雄のΨ難』では、学園のマドンナ・照橋心美、『今日から俺は!!』では元ヤンキーの早川京子と、続々と福田組に参加してコメディアン女優としての実力を磨いていった。また、日本テレビ系バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画『グルメチキンレース ゴチになります!』で昨年1年間レギュラー出演をこなし、映画ファンだけでなく、お茶の間にもその名前と笑いを届けた。

 現在公開中で平野紫耀と共演する『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』でも、ときにツンデレで自分の恋の想いを告げられないヒロイン・四宮かぐやを演じている。これまでどこか一癖も二癖もあるヒロインを演じていたが、本作では“まっとうな”ヒロイン・日奈々を担当。誰もが認める真面目な性格でありながら、おとぎ話のような恋に憧れる女の子だ。

 「千年に一人の美少女」と言われる美少女ながら、変顔や振り切った芝居で周囲を驚かせてきたが、本作出演で「私の中で新しい自分を見つけられる役になるかもと思って、楽しみになりました」と“普通JK”で新境地を見出している。

 むっつり女子で、裏表のない素直さと優しさを持つ日奈々。それを演じられるのは、飾らない人柄でファンを獲得してきた橋本だからこそ。“王道ラブストーリー”のヒロインで彼女が見せる新しい橋本環奈に注目したい。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る