大分合同新聞納涼花火シリーズ

武蔵会場 8月17日(土) 20:40スタート!

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

『天気の子』森七菜、役同様に曇り空晴らす「きのうから祈っていた」

 大ヒット映画『君の名は。』などで知られる新海誠監督の新作映画『天気の子』に出演している主演の女優・森七菜(17)が19日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた同映画の初日舞台あいさつに出席。この日は全国的に雨や曇の天気予報だったが、劇中で“祈る”ことで空を晴れにできる力を持つ少女を演じた森は、キャラ同様に「きのうから晴れをずっと祈っていた」と明かすと、祈りが通じて昼ごろから太陽が見えるまで天気が回復したことに驚いていた。

【写真】両手を合わせる姿が可愛い…カメラ目線で微笑む本田翼

 気象庁の18日午後11時発表の天気予報では19日は全国的に雨(一部で曇)で、さえない天気となっており、深夜0時に都内で行われた最速上映会時も雨が降っていた。これに、ファンたちもネット上で反応し「公開記念ですごい雨降って天気の神様も応援してるんやろな〜」「雨が降っています。こんな日に公開されるのもご縁ですね」「雲間から光が射したら、最高じゃないかぁ」と天気について話題となっていた。

 都内は朝方、あいにくの空模様だったが昼ごろから太陽が見えて晴れとなり、蒸し暑くなっていた。この日、森は自身が演じた天野陽菜がつけているチョーカーをつけて登場し「陽菜のように(晴れを)祈りました! 私も一斉上映(午前9時スタート)を観に行ったのですが、観る前は空は曇っていたんです」と説明しつつ「きのうから晴れをずっと祈っていたら、映画館を出るころにはお昼は晴れていて、『よかったな~』と思いうれしくなりました!」と驚いていた。

 舞台あいさつが終わる頃には再び小雨が降り出し、折りたたみ傘をカバンから出す人の姿も。森七菜の“ヒロイン力”を改めて感じさせた。

 『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻ろうされる少年・森嶋帆高と少女・天野陽菜が自らの生き方を「選択」する物語。雨が降り続いたり、雨が上がって雲の切れ間から太陽の光が差し込んだり、新海監督の真骨頂ともいえる緻密で美しい空・雲・光の描写にも注目が集まっている。

 舞台あいさつには、新海監督、主人公・森嶋帆高役の醍醐虎汰朗、夏美役の本田翼、須賀圭介役の小栗旬、天野凪役の吉柳咲良も出席した。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る