大分合同新聞納涼花火シリーズ2019

大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

6月24日は映画『スター・ウォーズ』が日本で初上映された日

 41年前の1978年6月24日、映画『スター・ウォーズ』が日本で初上映された。その13ヶ月前、1977年5月25日に全米でわずか32ヶ所で初上映された『スター・ウォーズ』。しかし、映画公開後すぐさま最高傑作と評判になり、史上例を見ない興行成績を収め、映画史に残る変革をもたらした。

【画像】正式決定した12月20日公開の邦題ロゴ

 ジョージ・ルーカス氏が脚本・監督を務めた壮大なスペース・ファンタジーは、世界中の文化に根付く神話伝承、西部劇、1930年代の連続活劇や特撮SF作品の数々にルーツを持つ。そして、神秘的な“フォース”という言葉を文化表現として生み出したほか、悪のダース・ベイダーや理想主義者のルーク・スカイウォーカー、元気のいいプリンセス・レイア、愛すべきならず者のハン・ソロ、思慮深いオビ=ワン・ケノービなどの象徴的キャラクターをも誕生させた。

 そして、12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語がついに完結。この歴史的なタイミングを前に、「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展『STAR WARS Identities:The Exhibition(以下、スター・ウォーズアイデンティティーズ)』日本展の開催が決定。その公式ホームページ、ツイッター、フェイスブックがオープンした。同展に関する映像や情報を随時発信していく。

 同展には、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程をたどることができる貴重な展示品が約200点。これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立される「Lucasfilm museum」に収蔵され、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となる。

 もうひとつの注目コンテンツは、インタラクティブ・クエスト。会場内に設置されたインタラクティブスペースで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができるというもの。

 さらに、会場でしか手に入らないオリジナル・グッズを販売。同展のためだけに描き起こされたオリジナルアートがふんだんに使用され、ファン必見のラインナップになっている。

■『スター・ウォーズアイデンティティーズ』概要
会場:寺田倉庫 G1 5F (東京都品川区東品川264)
会期:2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
時間:前10:00~後7:00(最終入場 後6:30)
休館日:2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)~ 1月3日(金)
前売券:大人(中学生以上)3200円、小人(小学生)2000円、親子チケット(小人1人以上を含む家族4人)1万円
当日券:大人3500円、小人2300円
※8月8日(木)~10月31日(木)入場分の前売券を販売中

■公式ホームページ
http://www.starwarsidentities.jp

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る