スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

大相撲、正代と徳勝龍が首位守る

平幕2人は初、貴景勝2敗

 大相撲初場所12日目(23日・両国国技館)大関貴景勝は平幕栃ノ心を小手投げで下し、2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍は1敗を保ち、首位をキープした。正代が小結阿炎を、徳勝龍は輝をともに突き落とした。

 日本相撲協会広報部によると、12日目を終えて平幕2人がトップに並ぶのは、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降初めて。

 かど番の大関豪栄道は関脇朝乃山に寄り切られて2場所連続の負け越しとなり、大関陥落が決まった。朝乃山は7勝目。関脇高安は負け越した。

 1敗の2人を追う2敗は貴景勝だけとなった。十両は元大関の照ノ富士が12連勝で単独トップ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る