スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

広島、38歳永川が引退試合

球団最多165セーブ

 広島一筋で球団最多165セーブを挙げ、17年目の今季限りで現役を退く永川勝浩投手(38)が23日、引退試合としてマツダスタジアムでの中日24回戦に先発し、大島を一ゴロに打ち取り、大歓声に包まれて降板した。

 試合前の記者会見では「1年目から山本浩二監督にクローザーを任せてもらい、そういう道をつくっていただいた」と笑顔を交えて感謝した。フォークボールを武器に長年戦ったが、今季は体の不調に加えて満足のいく投球ができず「総合して心が折れた」と語った。

 地元広島の新庄高(現広島新庄高)―亜大から2003年に自由獲得枠で入団し、通算成績は38勝42敗165セーブ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る