スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

マラソン代表、男子は中村と服部

女子は前田と鈴木、五輪選考会

 2020年東京五輪の日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)は15日、東京・明治神宮外苑発着で行われ、男子は中村匠吾が2時間11分28秒で優勝、服部勇馬が8秒差で2位となって代表に決まった。女子は前田穂南が2時間25分15秒で1位、鈴木亜由子が3分47秒遅れで2位に続き、代表入りした。

 五輪本番とほぼ同じコースで男女各2枚の切符を争った。3位でも、来春までの国内指定大会の結果次第で代表入りの可能性がある。男子の日本記録を持つ大迫傑は3位だった。スタートから飛び出した設楽悠太は終盤失速した。女子は小原怜が3位に入った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る