国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

WHO調査団、武漢入りへ

韓国での感染拡大に懸念

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡るWHOの国際調査団が22日に中国湖北省武漢市に入ると明らかにした。各国やWHOの専門家で構成される調査団は北京のほか広東、四川両省を訪問済み。最大の被害が出ている武漢で、感染源などについて詳細な調査を進める。

 テドロス氏はまた、韓国で感染者が急増している状況に懸念を表明し「韓国政府と緊密に連携しながら、なぜ感染拡大が起きたのかを解明しようとしている」と説明。各国に緊張感を持った対応を求めた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る