Gate会員登録
2020526日()

太陽面爆発、今後も起こる可能性

 山形大、名古屋大、弘前大の共同研究チームは、地球の磁場を乱して社会生活に甚大な悪影響をもたらす巨大な太陽面爆発(太陽フレアなど)が立て続けに起こり得ることを見つけ、20日付の英科学誌電子版に発表した。巨大爆発が起きた紀元前660年ごろに生育していた杉の年輪に「痕跡」が残されていたという。

 巨大爆発は紀元後775年ごろと994年ごろにも起きたと確認されている。山形大の桜井敬久名誉教授(宇宙線・放射線)は「次の巨大爆発がいつ起こるかの予測はつかない」と話した。同規模のものが発生すれば、人工衛星の故障や大規模な通信障害などが起きる恐れがある。

ニュース
クイーンのB・メイさん心臓手術 5月26日 9時39分
全市区町村で10万円給付の受け付け開始 5月26日 9時39分
東証、257円高 5月26日 9時31分
東京株式 26日09時15分 5月26日 9時31分
為替相場 26日(日本時間9時) 5月26日 9時11分
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 9時51分集計

大分ニュース