国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

復元建造物の防火対策を強化

首里城火災で指針の改定へ

 萩生田光一文部科学相は3日、首里城(那覇市)の火災を受け、文化庁の文化財防火対策指針を年内にも改定する考えを示した。復元された歴史的建造物についても、国宝や国の重要文化財と同様に消火設備設置などを促す。

 記者会見で「復元建物も文化財の保存や活用にとって重要な施設。しっかりと対策を講じる」と述べた。

 指針は、建造物の材質に応じて必要となるスプリンクラーや消火栓といった防火設備を明記。電気系統の老朽化や夜間の消火態勢などの点検項目を示し、所有者に対策を促している。現在は国宝や国の重要文化財が対象となっており、これらに国指定の史跡などにある建造物を加える。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る