国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

ヒトラー生家、改装し警察署に

オーストリア北部、聖地扱い防止

 【ウィーン共同】オーストリア内務省は19日、同国北部ブラウナウにあるナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの生家の建物を改装し、警察署として活用する計画を発表した。ネオナチなどの極右勢力に「聖地」として使われるのを防ぐのが目的。

 オーストリア通信などによると、改装案を欧州連合(EU)全域から募集、審査の上、来年前半にも最も優れた案を選定する方針。建物を強制収用した政府に対して家主側が法的に争っていたが、今年8月に81万ユーロ(約9700万円)を支払うことで決着したという。

 ヒトラーは1889年、この建物で生まれ、短期間を過ごした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る