国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

都選管、収支報告書を公表

大型選挙なく最も低い額に

 東京都選挙管理委員会は20日、2018年分の政治資金収支報告書を公表した。記録が残る過去30年間では収支共に最も低い額となり、収入は118億2100万円、支出は118億1200万円だった。都選管は「大型選挙がなく、寄付が大幅に減っているのが原因」としている。

 都選管によると、収入の内訳では寄付が最多の約4割を占めたが、前年に比べ約25億円減少の44億5900万円だった。一方、政治資金パーティーは164団体が334回開催。収入は13億7500万円に上り、収支報告書への記載が義務付けられた1993年以降で団体数、回数、収入額が、いずれも最多だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る