国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

米軍司令官、模擬弾落下で謝罪

青森・六ケ所村の土地所有者に

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が模擬弾を同県六ケ所村の牧草地に落下させた事故を巡り、同基地のクリストファー・ストルービ司令官が、土地の所有者に謝罪したことが13日、東北防衛局への取材で分かった。

 東北防衛局によると、司令官は12日夕方に所有者宅を訪れて陳謝した。米軍は落下地点を掘り起こし、模擬弾の一部を回収したが、大部分が地中に残ったままだという。

 米軍は、模擬弾を装着しないF16戦闘機の訓練を再開している。

 事故は6日午後6時35分ごろ、訓練中の米軍機が重さ二百数十キロの模擬弾1発を誤って落とした。けが人はいなかった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る