国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

コンビニ浸水、物流も影響

首都圏店舗は順次再開

 台風19号が通過した13日、首都圏を中心に、前日に休業で対応した小売店やレジャー施設の多くが再開した。ただ浸水などに見舞われたコンビニの一部店舗は復旧のめどが立たず、工場や物流拠点も河川氾濫で被害を受けた。自動車などのメーカー各社は部品調達先を含む被害把握が途上で、影響がこれから判明するケースもありそうだ。

 コンビニのファミリーマートは、関東や東北の約80店が浸水や停電で復旧を見通せず、ローソンも約15店の再開が困難になっている。イオングループでは大半の店が客を迎えたものの、宮城県のイオン気仙沼店と福島県のイオン相馬店は浸水で営業を見合わせた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る