国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

全域停電で北海道電力に賠償請求

知床のホテル、キャンセル生じ

 昨年9月の北海道地震に伴う全域停電(ブラックアウト)で予約のキャンセルが相次ぎ損害を受けたとして「知床第一ホテル」(斜里町)が、北海道電力に約4300万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴したことが9日、分かった。提訴は8月9日付。

 9日開かれた第1回口頭弁論で、北海道電は請求棄却を求めた。

 訴状によると、ホテルは自家発電設備を備え、震源地からも離れており営業に支障はなかったが、ブラックアウトにより交通機関がまひするなどしたことで大量のキャンセルが生じたと主張。

 キャンセルは昨年9月末までに延べ約3600人で、金額ベースでは前年比約14倍だったとしている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る