国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

愛媛で6歳未満男児が脳死と判定

東京女子医大で心臓移植

 日本臓器移植ネットワークは24日、愛媛県内の病院に急性脳症で入院していた6歳未満の男児が23日午後6時半、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は14例目。

 心臓は東京女子医大病院で10歳未満の女児に移植。肺は血液型など条件が合う人がいなかった。肝臓、膵臓、腎臓、小腸の移植は医学的理由で断念した。

 6歳未満の子どもは脳の回復力が強いと考えられているため、脳死判定の基準を厳しくしている。通常は6時間以上空ける2回の検査の間隔を、24時間以上とし、18歳未満の場合は虐待の形跡がないことも確かめる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る