国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

AI導入、自治体共同で

住民サービス向上へ総務省

 人口減を受け、人工知能(AI)を活用して住民サービス向上や業務効率化を図る自治体の増加を目指す総務省は、複数市町村が共同して関連システムを導入・利用するよう促す方針を決めた。単独での導入はコストが高く、小規模自治体への普及が期待できないのが理由。2020年度に全国7カ所程度でモデル事業を実施し、ノウハウを蓄積して全国に広めたい考えだ。

 総務省が自治体現場にAIを普及させる背景には、人口減に伴い将来、現状より少ない職員で行政サービスを維持しなければならないとの危機感がある。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る