国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東京原油先物が12%急伸

供給不安で2カ月ぶり高値

 連休明け17日の東京商品取引所で中東産原油の先物相場が急伸し、指標価格の清算値(株価終値に相当)は1キロリットル当たり前週末比4470円(12%)高の4万1310円を付けた。サウジアラビアの石油施設が攻撃され、原油の安定供給に対する不安が広がり、約2カ月ぶりの高値となった。

 17日は灯油やガソリンの先物も大幅高となった。今後現物価格が上昇すれば、消費税増税の影響が及ぶ家計には一段の打撃となる恐れがある。

 16日のニューヨーク原油先物相場で米国産標準油種(WTI)が急騰した流れを引き継ぎ、17日の日中取引は買い優勢で始まり、この日の最高値で取引を終えた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る