国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

外務省、サウジ攻撃談話で勇み足

「フーシ派」と断定

 茂木敏充外相は17日の記者会見で、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃に関し15日に発表した外相談話がイエメンの親イラン武装組織フーシ派によるテロと断定する表題になっていたとの指摘を受け「(今後)気を付ける」と述べた。日本政府は攻撃の主体を現時点で断定しておらず、談話が勇み足となった形だ。

 サウジ攻撃を巡ってはフーシ派が犯行声明を出したものの、トランプ米大統領はイランの関与を示唆している。茂木氏は会見で「事実関係については情報収集、分析を進めているところだ」と述べるにとどめた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る