国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

軍のロヒンギャ迫害、依然継続

国連人権理、帰還へ改善要求

 【ジュネーブ共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害を巡り、国連人権理事会が設置した国際調査団は16日、ミャンマー国内にとどまっている約60万人のロヒンギャに対し、ミャンマー国軍による迫害が継続しているとの報告書を公表した。

 ダルスマン調査団長は「ロヒンギャにとって、ジェノサイド(民族大量虐殺)の恐れは依然として続いている」と指摘。報告書は、隣国バングラデシュに逃れた70万人以上のロヒンギャが「安全に帰還するための条件は、いまだ整っていない」として、ミャンマー当局に状況改善に向けた取り組みを要求した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る