国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

iPS使い皮膚老化解明へ

京大とディオール共同研究

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、皮膚の老化や再生のメカニズムを解明しようと、京都大iPS細胞研究所と化粧品などを扱うパルファン・クリスチャン・ディオールは12日、共同研究を始めたと発表した。

 同社はこれまで、加齢に伴う肌の変化などの分析に取り組んできた。同研究所の持つiPS細胞の技術を利用し、皮膚の再生や肌を若く保つための手法の開発を目指す。

 共同研究では、iPS細胞から作製した皮膚の細胞に、日常生活に伴う紫外線や温度などさまざまなストレスを加え、どのような過程で変化するかを解析する計画。再生にはどのような物質が必要かなども調べる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る