国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

11月まで情報共有は継続

GSOMIAで防衛相

 岩屋毅防衛相は24日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を巡り、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく日韓の情報共有は協定の期限である11月まで継続するとの認識を示した。「協定は11月まで有効だ。引き続き日韓、日米韓の連携を取っていきたい。そういうオファーを韓国側にしたい」と防衛省で記者団に述べた。

 今回の発射を巡る韓国側とのやりとりの内容は明らかにしなかった。

 弾道ミサイル発射については「距離や種類にかかわらず看過できない」と批判。「発射を通じて関連技術の高度化を図っている。核やミサイルの開発を進めているとみられ国際社会にとって深刻な課題だ」と語った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る