国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

米国とタリバンが協議再開

「戦争」終結目指し9度目

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの和平を巡り、昨年10月以来9度目となる同国の反政府武装勢力タリバンと米政府の協議が22日、カタールのドーハで始まった。タリバン側が明らかにした。2001年から続く「米史上最長の戦争」といわれる戦闘終結に向け、駐留米軍の撤退時期や停戦などで合意に至るかどうかが焦点だ。

 タリバン側によると、米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表やアフガン駐留米軍トップのミラー司令官が出席した。AP通信によると、ハリルザド氏は21日、これまで協議を続けてきたタリバンのバラダル師と一対一で面会した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る