国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

真宗大谷派、89歳門首退任へ

来年6月、暢裕氏が後継

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)は21日、高齢などを理由に門首の大谷暢顕氏(89)が来年6月末に退任すると明らかにした。いとこでブラジル国籍の暢裕氏(68)が、同7月1日付で26代門首に就任する。

 但馬弘宗務総長が京都市内で記者会見。軽度の脳梗塞で暢顕氏が昨年7月に一時入院、復帰後の体調は良好だが一部の法要などをこなすのが難しいと説明した。今年7月に暢顕氏が退任の意向を示し、今月20日の継承審議会で了承したという。

 門首は僧侶や門徒の代表で「象徴」的な地位とされ、宗祖親鸞の血を引く大谷家が世襲している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る