国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

次世代カミオカンデ建設へ

岐阜県飛騨市に

 文部科学省は21日までに、素粒子ニュートリノの観測を通じて宇宙の謎に迫る次世代観測装置「ハイパーカミオカンデ」を岐阜県飛騨市に建設する方針を固めた。建設費用の一部を来年度予算の概算要求に盛り込む。

 ハイパーカミオカンデは、同市にあるスーパーカミオカンデの後継機。宇宙から飛んできたニュートリノが水と反応して発する光を、壁に取り付けた約4万個のセンサーで捉える。設備は飛騨市の地下650メートルで、直径74メートル、深さ60メートルの巨大な円筒形の水槽を据え付ける。2020年代後半の観測開始を目指している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
「台風19号災害義援金」
受付中 (大分合同福祉事業団)
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る