国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

害虫ガの確認31市町村、農水省

九州・沖縄の6県、最多は鹿児島

 イネやトウモロコシに寄生する害虫のガ「ツマジロクサヨトウ」の幼虫が確認されたのが12日までの調査で、九州と沖縄の計6県の計31市町村に上ることが16日、分かった。長崎県が長崎市内で開いたツマジロクサヨトウのまん延防止を目指した対策会議で、農林水産省が詳細を明らかにした。

 確認された自治体数が最も多かったのは18市町の鹿児島県で、鹿屋市や枕崎市などが含まれている。宮崎県は都城市など6市町、長崎県は佐世保と雲仙、島原の3市。熊本県は合志市と山都町、大分県は豊後大野市、沖縄県は恩納村。被害が確認された作物の大半は、通常は農薬を使わない飼料用トウモロコシ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る