新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

藤井七段が地元・愛知で公開対局

プロ入り後初めてとなる地元愛知県瀬戸市での公開対局で、木村一基九段(右)と対戦する藤井聡太七段=25日午後
プロ入り後初めてとなる地元愛知県瀬戸市での公開対局で、木村一基九段(右)と対戦する藤井聡太七段=25日午後

 将棋の最年少プロの藤井聡太七段(16)は25日、愛知県瀬戸市で開かれたイベントで、プロ入り後初めて地元での公開対局に臨んだ。「鋭い攻めを見せたい」と話していた藤井七段が木村一基九段(45)に勝利した。

 会場には市民ら約1500人が詰め掛け、ステージ上での約1時間の対局を見守った。藤井七段は終了後「自分も楽しみにしていた。地元なので緊張せずに指せた」と拍手に応えた。

 イベントは子どもに将棋の魅力を伝えようと瀬戸市などが企画した。小学生以下の大会も行われ、上位12人が藤井七段との指導対局を楽しんだ。

最新記事
筑波大生不明、仏引き渡しに異議
中国・武漢2カ月半ぶり封鎖解除
米海軍モドリー長官代行が辞任
米、武漢の情報共有を要請
為替相場 8日(日本時間9時)
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

大分ニュース