国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

強制不妊訴訟、女性原告訴え

「子ども育てたかった」

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が23日、神戸地裁(小池明善裁判長)であり、2月に提訴した脳性まひで手足が不自由な神戸市の鈴木由美さん(63)が車いすで出廷して意見陳述し「自分の子どもを産み、育てたかった」と声を詰まらせながら訴えた。

 鈴木さんは12歳で事情を知らされずに受けた手術が恐ろしかったと説明。勉強したくても学校に通えなかったとして「障害者がどんな差別を受けてきたか、知らない人に分かってほしい」と提訴した理由を述べた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る