国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

特殊詐欺で使用者責任認定、水戸

暴力団トップに初適用

 指定暴力団住吉会系の組員らによる特殊詐欺の被害者が住吉会の関功会長と福田晴瞭前会長に計約700万円の損害賠償を求めた訴訟で、会長らに605万円の支払いを命じた23日の水戸地裁判決は、組員が住吉会の威力を利用して「受け子」を集め、詐欺グループを構成したと認定、会長らが特殊詐欺について、暴力団対策法上の使用者責任を負うとの判断を示した。

 原告側代理人によると、特殊詐欺で暴力団トップに暴対法の使用者責任を適用したのは全国で初めて。24日には東京地裁で同種訴訟の判決が予定されている。同様の判断が定着し、被害者救済の新たな道筋が開かれるかが注目される。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る