国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

自民議員、実収入平均6千万円超

17年の政治資金集計

 国会議員の資金管理団体と関連する政党支部が2017年に集めた政治資金に関し、議員1人当たりの実収入の平均額を政党別に見ると、自民党が前年比24・4%増の6398万円だったことが7日、共同通信の集計で分かった。第2次安倍内閣が発足した12年以降最多で、野党第1党の立憲民主党(2225万円)の約3倍。議員別の収入額でも上位20人のうち自民が18人を占め、資金面で「自民1強」が浮き彫りになった。1位は2億5817万円の麻生太郎副総理兼財務相だった。

 議員別の収入2位は、希望の党の中山恭子参院議員で2億2062万円。

 安倍晋三首相は1億7596万円で6位だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る