Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

20年東京パラへ行動計画

ホテル、駅整備基準改正へ

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催を機に、障害の有無にかかわらず互いに支え合う「共生社会」実現を目指す政府の行動計画案概要が判明した。政策立案段階から障害者が参画し、視点を反映させるのが柱。ホテルや鉄道駅など各施設のバリアフリー化を全国で進めるため、整備基準も改正する。政府関係者が17日明らかにした。

 政府は関係府省庁の連絡会議を閣僚会議に格上げして20日夕に開き、計画を策定する。安倍晋三首相は国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長と近く会談する方向で、東京大会を通じた共生社会実現への決意を伝える見通しだ。


OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る