大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

小雨、重機で捜索 耶馬渓山崩れ

 民家4棟を巻き込み住民の男女2人が死亡した中津市耶馬渓町金(かな)吉(よし)の山崩れは17日、発生から7日目を迎えた。女性4人の行方が分かっておらず陸上自衛隊と警察、消防は420人態勢で捜索を続けている。
 この日は午前8時20分ごろから小雨が降り始めた。捜索隊は二次災害を警戒しながら、不明者らの民家があった斜面の下を掘削。岩や倒木が多く、重機での活動が中心となった。日用品や家屋の一部が見つかれば人力で土砂を取り除く。
 大分県の梶原正勝防災危機管理監は「危険な現場なので冷静に作業を進める。一刻も早い救出を目指す」と話した。
 山崩れは11日午前3時40分ごろ発生。4世帯6人と連絡が取れなくなり、3人が遺体で見つかった。2人は住民の無職岩下愛子さん(76)と会社員岩下義則さん(45)親子と判明。
 3人目の遺体は無職橋本アヤ子さん(86)の可能性が高いとみて、県警がDNA型鑑定をして身元の確認を急いでいる。

【行方不明の方】
▽橋本アヤ子さん(86)
▽江渕めぐみさん(52)
▽江渕優さん(21)
▽岩下アヤノさん(90)
(大分県発表)
※この記事は、4月17日大分合同新聞夕刊1ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る