Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

読み物
特集・連載・コラム

汐留鉄道倶楽部

どこにもそうは書いていないが、世界一短い登山電車ではないかと思うユニークな乗り物が東京のど真ん中、浅草にある。天台宗の流れを汲む待乳山聖天・本龍院というお寺が境内に設置した小型のモノレールで、「さくら

ポロッと白状

☆…先日、友人との会話の中で、新聞で知った回転ジャンプを決めた「はぶ選手」を絶賛した。聞いていた友人はけげんな顔をしていたが、やがてスケートの選手は「羽生結弦(はにゅうゆづる)」と読むことを教えてくれ

エンタメ記者コラム

村上春樹の長編『騎士団長殺し』の装丁は上下巻ともに剣が横に置かれた図柄です。加えて、『騎士団長殺し』のタイトルが横書きされており、さらに第1部には「顕れるイデア編」とあり、第2部には「遷ろうメタファー

サッカーコラム

Jリーグは欧州などのリーグに比べ、各チームのレベルが接近しているリーグといわれる。2011年の柏、14年のガンバ大阪。J2から昇格したばかりのチームが、いきなりトップ・ディビジョンの優勝をさらったのが

ITセキュリティー備忘録

独立行政法人・情報処理推進機構は毎年、前年に発生した情報セキュリティーにおける事案をまとめた「情報セキュリティ10大脅威」を発表しています。専門家が話し合って「個人」「企業」別にリストアップしており、

音楽玉手箱

97年沖縄県伊江島生まれの女性シンガーソングライターの初アルバム。“onlyone”と掛けたタイトル通りの逸材だ。全14曲、多彩な曲調や、それに合わせた多様な歌声に圧倒される。例えば、『太陽に笑え』のようなブルS

音楽玉手箱

97年福岡県出身の女性ボーカリストのデビュー・シングル。00年前後のクリスティーナ・アギレラやDREAMSCOMETRUEを想起させる作風で、最初は「なぜ、今の時代に?」とやや謎だったが、逆に今ならここまで直球勝負のポC

音楽玉手箱

デビュー45周年記念の第2弾。第1弾は加藤登紀子プロデュースにより『難破船』や『百万本のバラ』などメロディアスな新境地に挑んだが、今回は、演歌の大作曲家、岡千秋との初タッグ。レコード会社移籍後の自己最高の

スポーツリレーコラム

いつになれば最強チームが見られるのか。2017年春現在、日本ラグビーに注目する人の多くが抱えるヤキモキを表現すれば、この一言に尽きるだろう。前回15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会の主将だった

ななみの新聞ななみ読み

4月19日付の大分合同新聞朝刊に、県などが2018年度に開設する「おおいた動物愛護センター(仮称)」の記事と完成イメージ図が出ていた。殺処分を減らすため、保護した犬猫を長期間収容し、積極的に譲渡を進め

花まるシネマ

一時期ほどではないにせよ、相変わらずの多作ぶりなのに、外れなし!クオリティーが全く落ちない三池崇史の監督作の中でも、近年では一二を争う出来栄えではないだろうか。沙村広明による異色時代劇漫画の実写化で、

花まるシネマ

ブラピ主演の『セブン・イヤーズ・イン・チベット』やスコセッシ監督作『クンドゥン』など、チベットを舞台にした映画はこれまでにも日本で公開されてきたが、チベット人が監督した映画となると、これが日本初公開だ

花まるシネマ

『グッバイ、レーニン!』の監督による12年ぶりの新作だ。無名の美術評論家=僕と伝説的な“盲目の画家”=カミンスキーが、珍道中を繰り広げるロードムービー。もがきながら必死に生きる主人公たちを俯瞰し、現代社

「旬感」スポーツコラム

1分けを挟んで10連勝するなど、4月の開幕ダッシュに成功した広島カープの関係者が顔をほころばせる。「連勝中は本当に強かった。1番の田中から始まって、菊池、丸、新井、鈴木、エルドレッドの6番まで、相手投

多事想論

寡黙なる湯治山本茂行 G

2017年4月25日

昨年、晩秋のこと。岐阜県可児市での講演が終わり、国道41号線を北上して富山に帰ろうと地図を広げた。道が分からなかったからではない。途中でどこか温泉に浸る魂胆なのだ。気になる温泉があった。下呂温泉の20

浅見帆帆子 未来は自由!

子供を授かってから、インターネットで買い物をすることがめっきり増えました。これまでは、ネットで買うのは本のみ、たまに電球や小さな家電など、すでに実物を知っていて買うことが決まっている物を注文することは

週刊ひと言

母の死は今もショック G

2017年4月24日

週間ひと言(4/16―22)▽「母の死は今もショック」英国のウィリアム王子母ダイアナ元妃の事故死について、英BBC放送で打ち明けた。「ショックは20年経過した今も感じ続けている」「(親の死は)克服する

取材現場から

「トランプノミクス」と呼ばれる保護主義的な経済政策を掲げる米国のドナルド・トランプ大統領は米国製品の自国内流通を後押ししようと、米国から輸出する企業の法人税を軽くし、輸入企業は増税する「国境税」の導入

長谷川滋利キャッチ・ザ・メジャー

米で守備シフトが流行 G

2017年4月23日

近年、米大リーグで流行中の「守備シフト」の話です。これは各打者の打球傾向を統計化し、データに応じて守備位置を劇的に変えること。映像技術などの発達により、より細かい情報を蓄積できることによって生まれた戦

スポーツ随想

4月16日の柔道全日本女子選手権で、姉の田知本愛(ALSOK)は2年連続準優勝でした。昨年の大会はリオデジャネイロ五輪代表最終選考会となり、姉は決勝の負傷で敗れて選考から落選。私は涙を流しました。リオ

ニックネーム物語

ライフルアーム G

2017年4月23日

右翼からアンダースローで本塁送球をして走者を刺す。こんな芸当をやってのけた大リーガーがロベルト・クレメンテだった。プエルトリコ出身でパイレーツに所属。右投げ右打ちの外野手として1960年代を中心に大活

スローフット

中村俊でも下手な方? G

2017年4月23日

ドイツの1部リーグでは日本人選手が活躍しているのに、スペインではほとんど成功例がない。現在エイバルでプレーしている乾貴士が数少ない成功例だろう。エスパニョールでプレーした中村俊輔(磐田)は「ロンド(輪

山下大輔の大ナミック球論

DeNAのラミレス監督は16日のヤクルト戦(横浜)で、抑えの山崎康と中継ぎの新外国人パットンを入れ替えた。まずは新たな必勝リレーで6―3と逃げ切った。プロ3年目の山崎康は昨季まで2年連続30セーブ以上

プロ野球データバンク

広島の菊池涼介と西武の浅村栄斗が相次いで1試合5安打を達成した。広島の菊池は11日の巨人戦で六回までに4安打し、七回は勝利を引き寄せる1号2ランを放った。昨年8月7日の巨人戦以来2度目の5安打だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る