Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

読み物
特集・連載・コラム

浅見帆帆子 未来は自由!

瞑想と宇宙人、その後 G

2017年12月11日

前回の続きです。久しぶりに映画「アウト・オン・ア・リム」を見て瞑想をしたくなり、宇宙人に興味が湧いたのとちょうど同じ時期に、友人は映画と同じ場所に行き、私と同じように瞑想を再開しました。さらにこの友人

週刊ひと言

充実感がある G

2017年12月11日

週間ひと言(12/3―12/9)▽「充実感がある」将棋の羽生善治棋聖第30期竜王戦7番勝負の第5局で、挑戦者として渡辺明竜王を破り、通算7期目の竜王を獲得。「永世竜王」の資格を得たことで、永世称号制度

取材現場から

「ギャン、ギャン、ギャン」。静寂に包まれた森に犬の咆吼が響く。「あっちだ」。倒れた十数メートルの竹をかき分けながら竹林を進むと、2匹の猟犬がイノシシを囲んでいる。猟師中谷慎太朗さん(31)=山口県周南

スローフット

セネガル戦がW杯の鍵か G

2017年12月10日

ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は1次リーグH組でコロンビア、セネガル、ポーランドの順に対戦する。悪くない組だと思う。ただ4チームともそう考えているだろうから、その意味では非常に難しいともいえ

スポーツ随想

練習リンクの必要性 G

2017年12月10日

スポーツ選手にとって練習拠点は非常に大事です。特にアイスリンクをフルに使って演技をするフィギュアスケートは、拠点の確保が死活問題。ただ、通年型リンクの数は限られている上に一般滑走で営業している場所が多

ニックネーム物語

くせ者 G

2017年12月10日

ファッションショーにも出演したことがある。元木大介は童顔、明るく、おしゃれな選手として人気があった。巨人での現役時代はどんなプレーヤーだったかというと、長嶋茂雄監督が口にしたニックネームは“くせ者”。

山下大輔の大ナミック球論

楽天に隔世の感 G

2017年12月10日

先日、あるイベントで楽天の本拠地の仙台を訪ねた。球団創設1年目の2005年に初代監督の田尾氏、ゼネラルマネジャーだったキーナート氏、そしてヘッドコーチだった私とのトークショーだった。ロッテとの開幕戦こ

木村和司のフリーキック自由自在

J1最終節で首位の鹿島が磐田と0―0で引き分け、勝ち点2差で追う2位の川崎が大宮に5―0と完勝。勝ち点72で並び、得失点差で上回った川崎が見事な逆転優勝を飾った。川崎はこれまで、あと一歩のところまで迫

増田明美のおしゃべり散歩道

大迫さんが好記録 G

2017年12月9日

瀬古利彦(せこ・としひこ)さんの予想が的中―。11月末に第30回ランナーズ賞の授賞式があり、その時のトークショーで「今週末の福岡で大迫君が2時間6分から7分台で走ると思う」と瀬古さんは話しました。3日

スポーツ人語録

▽野球日本ハム・大谷翔平(大リーグ挑戦の意向を表明)「一番の選手になりたい。まだまだ足りない部分の方が多いのでもっと自分を磨きたい」▽野球ソフトバンク・川島慶三(日本シリーズ制覇をもたらすサヨナラ打)

スポーツ随想

日本のファンは世界一 G

2017年12月9日

フィギュアスケートの会場に足を運んで観戦すると、生でしか感じられないスピードや迫力、そこにいなければ感じられない独特の張り詰めた雰囲気がある。テレビでは選手の細かい表情であったり、解説を聞きながら採点

長谷川滋利キャッチ・ザ・メジャー

日米球界ともオフシーズン。今回はこの時期の日米の違いをテーマとします。プロ野球にあってメジャーにないもの。その代表格は「球団納会」と「秋季キャンプ」でしょうか。この二つの行事には両球界を取り巻く環境、

大分政経懇話会

大分政経懇話会12月合同例会が7日、大分市のトキハ会館であり、日本IBM名誉相談役の橋本孝之氏が「新産業革命と社会的インパクト~新産業革命のリーダーになるための経営者の行動宣言」と題して講演した。要旨

香山リカ 手のひら診察室

東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の女性が、実の弟に切りつけられ殺害されるという衝撃的な事件が起きた。まだ事件の背景は明らかになっていないが、女性宮司と神社本庁、またこの姉弟間にはトラブルがあったと見られ

新刊レビュー

「目からうろこが落ちる」「思わずひざを打つ」といった慣用句を総動員したくなるクラシック音楽の入門書だ。クラシックはなぜあんなに長いのか。どうして複数の楽章を順番に聴かなければならないのか。演奏のよしあ

新刊レビュー

機械に人間の意識を移植できるか。あるいは意識を宿す機械を製造できるか。「できる」と脳神経科学者の著者は言う。深淵にして未開拓な「意識の科学」の最前線を示し、人工意識の可能性に迫る一般向けの科学書だ。意

新刊レビュー

タイトルに惑わされてはいけない。本書は戦後日本の「教養」の変遷を、時代と並走した角川書店の歴史に重ねて考察した文化史・メディア論の試みである。具体的には角川の経営者4代の経営戦略を検討する。創業者の角

まどかと巡る世界将棋紀行

2015年の2月、「将棋普及指導員として推薦してほしい」という知人が、私を訪ねてきました。「将Give」という名前で20代、30代のリアル将棋交流コミュニティーとしてイベントや普及活動を行っている佐藤

アリー・しーちゃんの今日も迷走

このところ、月イチぐらいで実家に帰っています。たぶん、人生史上で今が一番、親が好き。両親は……というか特にハハは、何よりも率先して、健康で居続けようとしてくれます。「しーちゃんに迷惑かけるの、やだ」っ

大分政経懇話会

大分政経懇話会12月合同例会が7日、大分市のトキハ会館であり、日本IBM名誉相談役の橋本孝之氏が「新産業革命と社会的インパクト~新産業革命のリーダーになるための経営者の行動宣言」と題して講演した。橋本

汐留鉄道倶楽部

はやぶさは星のごとく G

2017年12月8日

昨年春にオープンした京都鉄道博物館には、日本の鉄路を駆け抜けた名だたる車両がそろっていて、その一つ一つに圧倒されるのだが、感動するのは車両だけではない。壁一面に張られた列車のヘッドマーク18枚を見て、

探(SAGURU)おおいた

2020年の東京パラリンピック開催を契機に、障害者スポーツの注目度が全国的に高まっている。大分県勢は10月末に愛媛県で開催された第17回全国障害者スポーツ大会(全スポ)で26個のメダル(金10個、銀1

ポロッと白状

☆…主人が「寒くなったので顔に付けるクリームを替えてほしい」と言うので「よかった。ちょうど買っているから」と手渡した。主人は「気が利くなあ」と早速顔に。「私は足のかかとに塗っている」と言うと、夫は「俺

エンタメ記者コラム

NGT48のセカンドシングル表題曲「世界はどこまで青空なのか?」が12月6日にリリース。センターを務めるのは今年のAKB選抜総選挙で“神7入り”を果たした荻野由佳だ。新聞向けに新曲やセンターへの思いなどの

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る