Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

将棋の楽しさいっぱい 21,22日国民文化祭プレイベント

 県将棋連合会(宮部一昭会長)は来年秋に迫った「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」のプレイベントとして21、22の両日に「第2回県将棋錬成塾」、21日に「第1回県小中学生将棋トライアスロン大会」を、それぞれ別府市公会堂で開く。両方とも県内在住の小中学生が対象。参加者を募集している。
 ▽第2回県将棋錬成塾…トップ棋士の深浦康市九段を招き、六面指しで指導対局を受ける。21日午前10時~正午、22日午前10時~正午、同午後1~3時の各時間帯で、定員はそれぞれ24人。参加無料。
 ▽第1回県小中学生将棋トライアスロン大会…21日午後1時から。A~D級の4クラスを設け、対局のほか詰め将棋、将棋遊び(回り将棋、山崩し、挟み将棋、将棋なぞなぞ)の総合得点を競う。定員は80人。参加費は500円(参加賞付き)。
 どちらも定員に達し次第締め切る。申し込みは16日までに、同連合会の七蔵司仁紀幹事長(TEL080・3994・3588)へ。

※この記事は、10月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る