Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

国道や高速道路を走行するとき覚えておこう 緊急通報用ダイヤル「#9910」

 犯罪など警察機関への緊急ダイヤルは「110」、火事など消防機関への緊急ダイヤルは「119」。では「#9910」は何のダイヤルかご存じだろうか。正解は「道路」の緊急ダイヤル。国土交通省が管理している国道や高速道路、幹線道路において異状を発見した際に通報することができる専用のダイヤルである。

高速道路で緊急事態! 頭に入れておきたい「5つの対処法」

 たとえば、道路の舗装の剥がれや陥没、通行の妨げとなる落下物を発見した場合。さらに、道路標識やガードレールなどの損傷、油や土砂などによる路面の汚れ、故障している車を発見した時なども通報の対象になるという。

 レアな例としては、山道を運転しているとき、シカやタヌキといった野生動物の死骸を見つけたときも当てはまる。つまり、車が通行するにあたって支障をきたす異状は全て「#9910」に頼るべき事案となる。

 この道路緊急ダイヤルがスタートしたのは2005年12月。翌年の2006年12月からは24時間、通話が無料となった。今では固定電話、公衆電話、携帯電話、PHSから通報を受け付けているが、その認知度はまだ低く、ダイヤルしたことがある人はそう多くないだろう。

 そこで、いざという時のために道路緊急ダイヤルの流れをおさらいしておこう。まず、「#9910」をダイヤルすると自動音声ガイダンスが流れる。その後、アナウンスに従って該当項目を選択していくと、担当の道路管理者につながる仕組みとなっている。なお、運転中の携帯電話の使用は道路交通法により禁止されているため、走行中に道路の異状を見つけた場合は同乗者に頼むか、車を安全な場所に停車させてから通報しよう。

 また、あくまで道路の異状を通報するための緊急の番号であり、「問い合わせ」のためのものではないことも覚えておきたい。交通情報や高速道路の料金にまつわる問い合わせであれば、日本道路交通情報センターやハイウェイテレホンに連絡しよう。

 道路の異状をいち早く通報することは、公共の利益にもなる。多くのドライバーが安全運転を行うために、何かあったら「#9910」と覚えておこう。

(前田智行)

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る